近況のご報告「あざぶ達人ブログ」

今までの講座内容や、活動などを記事としてアップしています。あざぶ達人倶楽部関連のイベント告知なども、こちらのブログでご報告しますので随時チェックしてみてください。

平成29年度あざぶ達人倶楽部修了式

2月17日(土)18時30分から麻布区民センター区民ホールで平成29年度あざぶ達人倶楽部修了式が開催されました。
18時30分からの第1部ではあざぶ達人クラブの受講生とあざぶ達人ラボのメンバーによる活動報告会と受講証書贈呈式が行われました。
19時30分からの第2部では森美術館館長南條史生さんによる記念講演会「アートと六本木」が開催されました。
   
受講者からの活動報告は、歩学のグループに分かれ、魅力発信パネルの作成等講座を振り返った「東」 
 
    
「西」は、グループで作成したパネルの地域資源を時代潮流とともに、発表しました。 
 
  
あざぶ達人ラボは2つの部会に分かれて活動しました。まちあるき部会は、受講者のガイドや新しいまちあるきコースを検討していることを発表しています。 
  
あざぶ研究部会は、あざぶの建物に着目し、魅力を探りました。旧麻布区役所の建物を使っている日本獣医生命大学を見学したり、いろんな建物をみなで見学したりいたこと。多くの建築が残る「ヴォーリズ」についての研究発表は、わかりやすく説明されています。  

南條森美術館館長の記念講演は、森美術館と地域のとの関わりから、地域資源としての美術館が、地域の中で大きなインフラとなっていること等、グローバルな中での麻布の位置がわかりやすくお話いただきました。